本

士業に相談する

個人再生は任意整理・自己破産と並び借金問題の解決方法の1つです。自己破産と違い現在の生活を壊す事なく行える点が利点ですが、士業である司法書士等に依頼をする必要があります。司法書士を選ぶ際には借金問題の実績や口コミ情報、また依頼時の費用の確認が大切です。また人として合うかどうかも大きなポイントです。

ジャッジガベル

債務整理とその方法

債務整理の方法の1つとしてあるのが、個人再生である。個人再生では、弁護士もしくは司法書士を通じて裁判所に対し手続きを進めることになる。司法書士の事務所では制限がある反面、費用を抑えて対応してもらえることが魅力である。

天秤

弁護士との比較

個人再生を司法書士に依頼する際には弁護士と比べて料金は安くなりますが、申請に必要な業務の委託を行える範囲も限られています。この様に個人再生を行う際には料金はそれぞれのメリットを把握してから依頼しましょう。

女性

財産を残せるのは

個人再生において司法書士に依頼した場合には書類の作成と提出までを行ってもらえ、その後の裁判所でのやりとりや書類の作成や提出は個人で行わなくてはいけません。しかし弁護士に依頼する事と比べると料金は安くなります。

手続きはおよそ6か月

男性

弁護士との違いとは

借金の返済をしやすくして早期に生活再建できるようにするために債務整理があります。任意整理で手続きをしたい人が多いのですが、みんなその手続きをしているからといって任意整理がその方に合った手続きかどうかは別問題です。その方の収入や財産、これまでの取引内容、債務額によっては任意整理をしても効果がない人もいます。減額できたとしてもその借金を3年で返済できるだけの収入があるかが問題になります。5年に延長しても到底完済は遠いとなれば、自己破産や個人再生となります。借金を無くすことだけ考えれば自己破産です。法的に全額支払いが免除されるからです。しかし、住宅を保有していて車も持っている、仕事でも使うのとなると自己破産は住宅や車など高価な価値のあるものは処分しなければなりませんから、生活基盤を失うことになります。住宅ローンや自動車ローンも無くなり返済しなくてよくなったとしてもその後の生活を考えるなら処分はしたくない、そういった方は個人再生です。借金が全部なくなるわけではないですが、最大で5分の1まで減額できる手続きです。個人再生は申し立てから再生案が認可されるまで6ヶ月程度かかる手続きですが、膨大な資料を集めたり書類を作成し提出します。司法書士や弁護士の力が必要になります。司法書士・弁護士に依頼すると裁判所費用も含めて70万円程度かかります。高額ですがこれらの費用を払ってもその分借金が減額される手続きです。個人再生は、司法書士と弁護士どちらに依頼するのか、司法書士のほうが費用は安いです。しかし、法定代理人となることはできないので裁判所は依頼者本人が出廷、時間が自由に使える人であれば司法書士、会社を休むのが困難な方は弁護士に依頼します。

Copyright© 2018 司法書士などに個人再生手続きを依頼!【借金を軽減するメソッド】 All Rights Reserved.