弁護士との比較

天秤

業務の範囲

個人再生の申請を行うには基本的に弁護士または司法書士に依頼する事が一般的です。個人で行う事で費用を抑える事もできますが、手続きな複雑な上に申請に必要な書類も多い為、一般的には弁護士や司法書士に依頼します。個人再生を依頼する際には弁護士と司法書士にはどのような違いがあるのでしょうか。まず業務の違いについてですが、司法書士に委託できる業務は裁判所に提出を行う書類の作成がメインになります。一方、弁護士に依頼した場には個人再生における必要な業務のほとんどを委託する事が可能です。その上個人再生を行う際に、裁判所へ出頭の際には弁護士が法廷代理人になることができる為、自身が出頭しないでよくなります。しかし司法書士に依頼した場合には自身が裁判所に出頭する必要があります。この事から弁護士に依頼した際には個人再生における業務の全てを行ってもらえる事もあり、依頼した際の料金は弁護士の方が高くなります。弁護士に依頼した際の費用はおよそ40万〜60万円とされていますがこれは依頼する弁護士や事務所によって多少変化します。一方、司法書士に依頼した際には個人で行わなければいけない事もいくつかありますがその分、弁護士に依頼するよりも料金は安くなります。司法書士に依頼した際の料金はおよそ30〜40万円とされており、弁護士と比べると約10〜20万円の差があります。もし個人再生の申請における知識を多少持っている場合には料金が安い司法書士に依頼する事も費用を抑える事ができます。

Copyright© 2018 司法書士などに個人再生手続きを依頼!【借金を軽減するメソッド】 All Rights Reserved.