専門家費用と裁判所費用

男性

費用は高額だが分割可能

個人再生の手続きをするには多額の費用がかかります。任意整理であれば、弁護士または司法書士への費用だけで済み、1社当たり10万円以下の安価な費用で手続きをすることができますが、個人再生は裁判所を介した手続きです。裁判所費用もかかるのです。裁判所でかかる費用としては、申し立て費用が1万円、官報掲載用や郵便切手代などの諸費用が3万円、個人再生委員への報酬が15万円〜25万円ほどかかります。裁判所によって異なりますが、20万円〜30万円程かかります。そして専門家へ依頼する場合の費用です。弁護士と司法書士で異なります。弁護士に依頼すると着手金と成功報酬で約50万円程になります。司法書士に依頼すると、30万円〜40万円となります。多額の費用がかかるので、分割で対応してもらえる専門家に依頼することです。弁護士と司法書士の費用ですが、これだけ違うのは法定代理人となることができるのかできないのかの違いです。弁護士は法定代理人となることができるため、依頼人が裁判所へ決められた日に出向く必要がないです。司法書士は、個人再生の法定代理人となることができないので書類作成等は手伝ってもらうことができますが、決められた期日に依頼者自身が裁判所に出向かなければならず、個人再生委員との面談も行わなければならないです。基本的に裁判所への出廷は平日です。仕事をしている人は平日に休みをとって出向かなければなりませんので。それを考慮すると弁護士に依頼した方が良いです。時間がある人は、司法書士に依頼することで費用を抑えて個人再生ができます。

Copyright© 2018 司法書士などに個人再生手続きを依頼!【借金を軽減するメソッド】 All Rights Reserved.