債務整理とその方法

ジャッジガベル

費用を抑える事が出来る

債務整理をする場合、個人再生を活用して進めることがある。個人再生では、自己破産などと比べメリットがあるため、個人再生を選ぶケースが多い。自己破産などでは、自宅など不動産物件を売却するなど整理する必要があるが、個人再生では自宅などを処分せずに、債務を減らすことができる。その為、生活基盤を残したまま、再建の道を取れるため個人再生を選ぶケースが多い。但し、個人再生では、将来に渡り安定して収入が得られるかや、負債額に限度額がある。その為、これらの条件を満たしている場合に選択できる債務整理方法となっている。個人再生では法律事務所などを介し、裁判所に資料を提出した上で裁判所がそれを受理することで債務が圧縮されることになる。これらの手続きでは専門的な知識が必要となるため、法律事務所への依頼が必須である。個人再生を行う場合には、弁護士に依頼する方法と司法書士に依頼する方法がある。いずれもこれらの手続きを進めてもらうことができるが、両者には違いがある。弁護士では、その活動範囲に制限が無いが、司法書士には制約が設けれられている。例えば、負債額が一定額を超えた場合には司法書士では対応できないといったことがある。しかし、司法書士の事務所では弁護士の事務所に比べ、費用を抑えて対応してもらえるケースが多い。その為、債務額がそれほど大きくない場合などに費用を抑えて債務整理をしたいときには、司法書士の活用が最適になる。

Copyright© 2018 司法書士などに個人再生手続きを依頼!【借金を軽減するメソッド】 All Rights Reserved.